Newsお知らせ

【法改正】安全帯が変わります!

2019.01.19

安全帯が「墜落制止用器具」に変わります。

平成30年6月に労働安全衛生法施行令が一部改正されました。

施行日は2月1日となっており、

本日「フルハーネス型安全帯使用作業特別教育」を受講してきました。

今回の改正のポイントは以下の通りです。

1. 安全帯を「墜落制止用器具」に変更します。

・同ベルト型(一本つり)、ハーネス型のみが認められます。

2. 墜落制止用器具は「フルハーネス型」を使用することが原則になります。

・建設業においては5m以上での作業が目安です。

3. 「安全衛生特別教育」が必要です。

・高さが2m以上、作業床設置困難なところにおいて、

フルハーネス型を用いて行う作業は特別教育を受講。

その他、「墜落制止用器具」の規格も変わることになり、

新たに購入しないといけません。

費用は掛かりますが命はお金に代えられません。

「安全第一」

A-TECは法で定めた環境を整えていきます。

【墜落制止用器具の見える化/サンリョウ(株)】

グループ会社のご紹介です。

安全に関する商品を取り揃えています。

 

【参考資料/安全帯が「墜落制止用器具」に変わります! – 厚生労働省】

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら