Newsお知らせ

【BCP計画支援】~管路更生工事~

2019.05.02

GWに製造業のお客様の生活排水系の管路更生工事を施工させて頂きました。

更生工事??と思われる方は多いのではないでしょうか。

更生工事とは簡単に言うと「管の中に管を作る工事」です。

下水道の業界では一般的な工事になります。

下水管を補修するには大きく分けて2つのパターンです。

①開削工事(重機等を使用して地面を掘り新しい管路を敷設)

②非開削工事(管路を内面から部分的に補修またはMH間の管路を更生)

今回のお客様は以下の理由で②非開削工事(管路更生)を採用されました。

建物基礎付近に管路が敷設してあり開削工事が困難→更生工事は既設管を利用するため非開削

工期が取れない→更生工事はφ150の管路2スパン約50mを1日で施工

建設発生土を発生させたくない→更生工事は開削工事に比べるとゼロ

私どもは埋設管工事全てを非開削工事とは思っていません。

それぞれ、メリット、デメリットはあります。

A-TECはお客様の現状と少し先の未来を考えたプランをご提案させて頂きます。

お問い合わせはこちら