Newsお知らせ

TOC計 苦労したからこその投資

2018.05.02

排水処理はトラブルが多いです。機器故障,水質悪化,臭気…etc

特に水質が悪化した時は何が原因なのか特定するのに労力を費やします。

「原水の水質が急変?」

「微生物の状態が問題?」

この「原水の水質」についてはトラブル発生時には処理されてわからなくなっています。

今回ご相談頂いた食品製造外会社様は「TOC計」の修繕です。

しかも、この「TOC計」は排水の原水を測定されています。

理由としては処理水が安定しないため流入原水を常時監視し機器の設定を調整するためです。

「TOC計」は安価な機器ではありません。

過去に苦労され、苦い経験があるからこそ投資をされました。

排水処理に投資しても利益増加に直接はつながりません。

しかし、排水処理の放流先には豊かな自然環境があります。

私たちは環境再生事業を通じて企業様、近隣の住民様に豊かな生活をお届けします。


お問い合わせはこちら