Company会社案内


A-TECについて

ごあいさつ

A-TECとはある会議で一切の固定概念を取っ払った仕事をしたらどうなるのか?を徹底議論した時に本当の役立ちはこれだ!と纏まったキャッチコピーが「あなたの手元にいい知恵を!」という言葉になったことから名づけられました。

私たちA-TECには特別な技術や製品が有る訳ではありません。あるのは一つ、それは皆様が求めている知恵との巡りあわせをプロデュースする事です。
スタッフ全員が現場上がりのプロ。この現場経験が積み重なって一つの知恵になります。この知恵と様々な業界のプロフェッショナルの知識を掛け合わせてご提案させて頂きます。
「出来ない事などない!」これが我が社の合言葉。どんな小さなご相談でも、どんな小さな悩みでも必ず解決させていただきます。

取締役社長乙野 義巳

経営理念

環境再生事業を通じて世界の人々に豊かな生活を届ける

日本の水は安全と言われています。水道の蛇口を捻ればおい良い水が出てきますね。決して健康を害することはありません。しかし、地球と言う単位に置き換えればこのようなことは殆どありません。
これは浄化槽をはじめ排水処理が適切になされているお蔭だと思います。しかしながらこの排水処理施設には限界があり又、企業であれば利益を生むこともありません。ついつい後回しになりがちになります。
このままではいつか崩壊してしまうことは専門家が提唱するところです。私たちは新しいことを開発することはできませんが、本来あるべき姿に戻し、地球環境を守り続けたいと想い、理念の浸透活動をしています。

ミッション
「本当にそのままでいいんですか?」という問いは誰にでもあります。しかしここには費用が掛かってきます。何を優先すべきか?当然売り上げや利益が大きくウェイトを占めてきますね。企業の姿は「利益・雇用・納税」から出来ています。そして「安全」という言葉が付帯しますが「環境」と言うキーワードはなかなか出てきません。様々な会社に訪問させていただきますが「環境保全!水をきれいに!」という標語を見たことはありません。どうしても二の次、三の次又はそれ以降になりがちですね。
私たちの仕事は皆様の「どうしよう・・」にお答えするものです。先ずは各種補助金対象かを調査し、該当施設であればその補助金を採択できるようにすることから始まります。現状調査分析は当たり前、ここから見える問題点に対してスケジュール化いたします。それは一気に改善するのではなく「計画的に」調査施工を繰り返し資産を減らさない」ことが大切です。少しずつ、でも変化が感じられるようなスケジュールを提案いたします。
それって必要?
排水処理施設にお邪魔すると「これって必要なのかなぁ」と思うことが多々あります。しかしながら必要だと思い込んで必要以上の薬品投入、メンテナンスをされているケースがあります。不要なものにお金を掛けていませんか?
そんな機能診断もお任せください。
見えないからこそ重要な埋設管
埋設管は企業の大切な血管です。健康診断しないと陥没事故や生産に影響が出ることになりかねません。見えない所ほど重要な役割を果たしています。何度補修してもいつも水溜りが出来てしまう、詰まることが多くて年に一度業者に来てもらって清掃しているなど管路が悲鳴を上げている症状です。
A-TECでは見えない所も得意です。必ず解決方法があります。そして様々な工法もあります。その中で御社に一番相応しい一手を提供いたします。
見えてるようで見えない地上配管
「地上だから大丈夫」そんなことありません。一例では配管に保温材が施してあるがゆえに見えていないこともあります。小さなピンホールが生産ラインを止めてしまい莫大な損害が出ることもあります。
生産ラインの機能を損なわないためにも精密検査は必要です。

以上のように私たちは皆様の大切な設備を人間の体に見立て、問題点を解決し、健康な状態へと再生していくことにお役にたちます。A-TECの世界にようこそ!一緒に考えましょう。

お問い合わせはこちら